自動車保険 他社 乗り換え 注意点

自動車保険を他社に乗り換える時の注意点

自動車保険契約の乗り換えで失敗しないためのポイントとは

自動車保険の乗り換え
自動車保険を扱う会社は多く実にさまざまなプランがあるために、改めて見直してみると他社の自動車保険契約のほうに魅力を感じることがあります。

 

確かに保険会社を乗り換えることで保険料が軽減されたりより良いサービスを受けることができることもあります。

 

しかし、乗り換えのタイミングを誤ると十分なメリット受け取ることはできません。

 

では、どのようなポイントに注意して乗り換えの手続きを進めればよいのでしょうか。

 

自動車保険を乗り換える時のタイミングの注意点

自動車保険の乗り換え
自動車保険を乗り換える時のタイミングとして注意したいのは等級の引継ぎ方法です。

 

自動車保険の保険料に大きく関わってくるのが等級です。

 

等級は保険会社を乗り換えても前の契約の満期日の翌日から7日以内であれば引き継がれます。

 

等級は1年間無事故で満期日を迎えて上がる仕組みとなっているので、乗り換えのタイミングとしては等級が上がる満期日にあわせるのがベストです。

 

また、契約途中に事故があった場合でも、満期日にあわせて乗り換えるほうが良いでしょう。

 

満期前の切り替えでは事故の内容と件数で等級が下げられて新たに契約されるために、それだけ早く等級が下がってしまうからです。

 

ただし、等級が下がるデメリット以上のメリットがあるなら契約期間中に解約しても良いかもしれません。

 

その場合は解約返戻金や保険期間に注意しましょう。

 

返戻金は各保険会社が定めた「短期率」によって算出されるので返戻金の金額を計算して乗り換えのメリットを検討することが大切です。

 

また、保険の空白期間ができてしまったり重複期間がないように解約と新規契約の時期を合わせるようにしましょう。

 

自動車保険を乗り換える時の手続き上の注意点

自動車保険の乗り換え
契約の満期に合わせて乗り換える場合は新しい保険会社との契約手続きだけで良い場合がほとんどです。

 

ただし、自動更新契約がされている場合は、途中解約するときと同じように現在の保険契約の解約手続きが必要なので契約内容を確認しておきましょう。

 

また、何らかの事情で保険契約が解約から次の契約まで期間が空いてしまう場合は注意が必要です。

 

等級は前の契約の満期日の翌日から8日以上空くと引継ぎできないのがきまりです。

 

しかし、一旦車を手放して時間を置いて再び車を所有する予定があったり、海外渡航などで日本を離れる場合は「中断証明書」を取得することで契約と契約の期間が空いても等級を引継ぐことができます。

 

中断の理由によって必要書類が異なるので保険会社に確認しましょう。

 

子供が生まれて家族構成が変わったり、単身赴任で別居することになったり、ライフスタイルが変わることで車の利用の仕方も変わります。

 

車の利用方法によってベストな自動車保険も変わってきますから、一括見積もりサイトなどで各社の保険プランを比較して乗り換えを検討しても良いのではないでしょうか。

 

参考サイト:任意保険を切り替えるタイミング|途中で解約しても等級を引継ぎできるのは満期(満期前・満期日・満期後)、車を買い替えと同時に自動車保険を乗り換え手続き(連絡・手順)を!料金が安くするには?