レジャーや業務などの使用目的によって自動車保険の料金は変わる

レジャーや業務などの使用目的によって自動車保険の料金は変わる

自動車保険は、大きく分ければ3つのタイプがあります。

 

業務使用と通勤通学と日常レジャーという3種類です。

 

まず1つ目の業務使用は、車の使用頻度が極めて多い状況です。

 

例えば車を1週間に5日以上使用している状況などは、かなり頻度が多い方です。

 

もしくは1ヶ月に15日以上使用している時は、いわゆる業務使用と判断される訳です。

 

ただし上記のような使用頻度でも、必ずしも業務目的でない事もあります。

 

例えば、通勤などで車を使用する事はあるでしょう。

 

その際は、通勤通学という使用目的だと判断されます。

 

しかし自動車は、必ずしも上記のような使用頻度になっている訳でもありません。

 

そもそも人によっては、車にあまり多く乗らない事もあるでしょう。

 

つまり上記の業務使用でも通勤通学でもない、使用頻度が比較的少ない状況です。

 

それは日常レジャーと判断されます。

 

このように3つの使用目的が存在する訳ですが、それは自動車保険の料金にも大きく関わってきます。

 

基本的には、使用頻度が多い方が保険料も高めになるのです。

 

上記の業務目的の場合は、車の使用頻度がかなり多い事だけは明らかです。

 

仕事となると、1日の数時間を車の中で過ごす事も少なくありません。

 

それで車の使用頻度が多くなれば、必然的に自動車事故が生じる確率も高まる訳です。

 

その兼ね合いにより、自動車保険の月額なども高めになってきます。

 

逆に車に殆ど乗らないのであれば、話は全く変わってきます。

 

車をあまり使わなければ、そもそも交通事故が発生する確率も低くなると見込まれますから、保険の月額も低めになる訳です。

 

ですから上記の3つの中では、業務目的が保険料は一番高くなります。

 

そしてレジャー目的の場合は、一番格安な保険になる訳です。

 

その差額はかなり大きいです。

 

レジャー目的と業務目的を比べれば、実に1万円以上の差になってきます。

 

ただし1万円という数字は、あくまでも1つの目安になります。

 

実際は自動車保険の料金は色々ない要素が関わってくるのです。

 

何かの条件を満たした時には、保険料の割引などが生じる事もあります。

 

ですから保険料が具体的にどれ位になるかは、それこそ車の使用状況次第ではあります。

 

具体的な数字を細かく知りたい時には、やはり見積もりが一番おすすめです。

 

自分の車に関する状況を保険会社に伝達すれば、具体的な保険料も算出してくれるのです。

 

見積もりを出してもらう分には無料ですし、問い合わせしてみると良いでしょう。