自動車保険で支払う料金と走行距離との関係

自動車保険で支払う料金と走行距離との関係

車の走行距離は、人それぞれ異なります。

 

そこそこ走り込んでいる車もあれば、あまり距離が長くない車もあるのです。

 

10万キロを超えた車などは、かなり走行距離は長い方です。

 

ところで多くの方々は、自動車保険には加入しています。

 

万が一の事を考慮しますと、やはり保険に加入しておく方が無難だからです。

 

そして保険料の支払い金額は、上記の距離との相関関係があります。

 

基本的には走行距離が長い車の方が、保険料金は高くなると考えて良いでしょう。

 

なぜなら、リスクの問題があるからです。

 

一般的に走行距離が長い車は、事故発生率が高いと見なされています。

 

走り込んだ車ですと、色々と損傷も蓄積している事も多いです。

 

また走行距離が長いという事は、車の使用頻度も多い訳です。

 

事故が発生する確率が高まるという考え方により、保険の支払い金額も高くなる傾向はあります。

 

逆に走行距離が短い車の場合は、保険料は低くなる傾向があります。

 

あまり走り込んでいない車なら、事故リスクも低いと見なされるからです。

 

このため保険料を抑えたい時には、保険会社に自己申告をする事も、1つのポイントになるのです。

 

そもそも保険会社としては、契約申込み者の今後の走行距離が分かる訳でもありません。

 

基本的には契約者本人から、見込み走行距離を申請してもらう事になります。

 

その自己申告された距離に応じて、保険料の具体的な数字も変わってくる訳です。

 

ただし一旦は自己申告をしても、実際の走行距離は変わってくる事もあります。

 

その場合は、速やかに自動車保険の会社に連絡する必要があります。

 

例えば保険加入の手続きをする際に、予想走行距離は3万キロだと伝達しました。

 

ところが車をしばらく使い続けた結果、走行距離が35,000キロになったとします。

 

この時は、速やかに保険会社に連絡する必要があるのです。

 

自己申告した時の数字と変わっている訳ですから、保険料の数字も変わってくるからです。

 

そして、上記と逆のパターンもあります。

 

一旦は走行距離を3万キロだと予想していたものの、あまり車を使わなかったので、実際には2万キロという事例もあるのです。

 

その時にも、保険会社に実際の走行距離を伝達する必要があります。

 

走行距離が短くなったのであれば、もちろん保険料も低くなるからです。

 

この2万キロの情報を保険会社に伝達しないと、高い料金を支払う状態が続いてしまいます。

 

ですから自己申告した時の走行距離とは変わってきた時には、速やかに保険会社に報告する必要はあります。